読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人責め

 

私はいま仕事をしていない。2ヶ月ほど前に3か月間だけ働いていたコンビニの仕事をやめたばかりだ。

彼女とは働けるときに働ける方が働いて、ダメになっている方は家の仕事をするという役割分担でやっている。

 

...どうやらそれをよく思わない彼女の両親が見切りをつけろとけしかけているらしい。

 

きっと孫の顔が見たいのだろう。このままでは自分たちの生活以外に第三者を入れこむ経済的隙間がないからだ。もっと安定していてしっかりとした人を見つけて子供を作ってほしい親心があるのだと思う。

 

私にとってはそれが窮屈でたまらない。子供を作るだとか、男は稼いで家にお金を入れるなど不特定多数の人と接することが既に大きなストレスとなる私にとっては拷問にも近い。水責めならぬ人責めだ。

 

幸い料理は頻繁にやる方で、専業主夫にでもなれないかと思うのだが世間の風当たりは冷たい。

 

自分の得意なことだけをやってできないことは他人に任せる。これが最も効率の良い経済活動なのだと思うのだけれども現状そう思わない人間の方が多い。既存のスタイルを変えられないだけかもしれない。

 

もっと楽に生きていける世の中になってほしい。